ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
教育目標

岡山小学校教育目標

たくましく生きる
『おかやま』の子どもの育成

◇ たくましく生きるとは

  自分自身の意志で自ら行動する目標や生きる目標を決め、困難なことにも忍耐強くその実現に努める態度であり、がまんの心や物事をやり通す意志力・実践力をもち、たとえ思い通りの結果にならない場合もくじけない心の回復力(レジリエンス)をもった姿である。


◇ 『おかやま』の子どもとは

 
「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」の知・徳・体の調和のとれた子どもである。岡山小学校がめざす子ども像を『おかやま』の子どもとして表し、児童・保護者・地域・教職員で共通の目標とすることで、めざす子ども像の実現に迫る。
   お・・・思いやりのある子ども
   か・・・体をきたえる子ども
   や・・・やる気をもって学ぶ子ども
   ま・・・まじめにやりぬく子ども


フッターイメージ